骨粗鬆症の予防

骨粗しょう症は、早期発見、早期治療が重要

骨粗しょう症の検査方法

骨密度の測定

当院は、DXA法(dual-energy X-ray absorptiometry
二重エネルギーX線吸収測定法)という2種類のエネルギーのX線を測定部位にあてることにより骨成分を他の組織と区別して、骨成分を測定する方法を採用しています。DXA法は、誤差が少なく、測定時間が短く、放射線の被曝量も少ないという利点があります。

DXAにより、腰椎、大腿骨頚部(股関節)の2ヶ所の骨を測定します。

レントゲン検査

主に背骨(胸椎や腰椎)のX線写真を撮り、骨折や変形の有無、骨粗しょう化(骨に、鬆(す)が入ったようにスカスカになること)の有無を確認します。骨粗しょう症と他の病気とを区別するためにも必要な検査です。

血液検査・尿検査

血液検査、尿検査によって骨代謝マーカー検査を行います。
この検査は、骨の新陳代謝の速度を知ることができます。
破骨細胞の働きを調べる「骨吸収」を示す、骨代謝マーカーの高い人は骨を壊される速度が速いため、骨密度の低下速度も速いことになります。
この検査は、骨粗しょう症を他の病気と区別するためにも行われます。

骨粗しょう症の診断基準

診断の決め手となるのは、「骨密度」と「骨のもろさ」、「脆弱性(ぜいじゃくせい)骨折(転倒やちょっとした衝撃で生じた骨折)」があるかどうかの3つです。

骨密度による診断

骨密度による診断基準は、若年成人(20~44歳)の骨量の平均値(YAM値)との比較によって行います。
自分には関係ないと思われる方が多いですが、意外と70%未満の方が多くいらっしゃいます。
診断 骨量
正常 YAM値の80%以上
骨量減少 YAM値の70%以上~80%未満
骨粗しょう症 YAM値の70%未満

レントゲン検査の結果

背骨(胸椎・腰椎)のX線写真で、骨粗しょう化(骨に、鬆(す)が入ったようにスカスカになること)や脆弱性骨折がはっきりと見られれば骨粗しょう症です。骨密度の値が骨量減少のレベルであっても、骨粗しょう症と診断されます

骨粗しょう症の治療と予防

骨粗しょう症と診断された場合には骨粗しょう症の治療には、薬物療法、食事療法、運動療法を行います。
また、検査後骨粗しょう症ではない方でも、加齢による骨粗しょう症にならないための予防として、サプリとして薬を飲むこともお薦めしています。そして、治療と同様、食事と運動が予防につながります。

【治療に使用される主な薬】

活性型ビタミンD3製剤 食事で摂取したカルシウムの腸管からの吸収を増す働きがあります。
また、骨形成と骨吸収のバランスも調整します。
ビスフォスフォネート製剤 骨吸収を抑制することにより骨形成を促し、骨密度を増やす作用があります。
骨粗しょう症の治療薬の中で有効性が高い薬です。ビスフォスフォネートは腸で吸収され、すぐに骨に届きます。
SERM(サーム) 骨に対しては、エストロゲンと似た作用があり、骨密度を増加させますが、骨以外の臓器(乳房や子宮など)には影響を与えません。
副甲状腺ホルモン
(PTH)注射
骨代謝を司るホルモンで、古い骨を壊し(骨吸収)、新しい骨を作る(骨形成)という骨代謝回転を早める作用を持ちます。

  • 治療方針
  • 院長紹介
  • 患者様の声
骨粗鬆症の危険性
VHO式巻き爪矯正法
スタッフ募集